ここから本文です

活発な梅雨前線と低気圧 北日本は荒天・九州は土砂災害に警戒

ウェザーマップ 6月25日(土)5時55分配信

 きょうも活発な梅雨前線と低気圧の影響に注意が必要となる。東海・関東は朝のうち激しい雨が降る所があり、北日本は夜にかけて強風が吹き雷雨のおそれがある。九州は強い雨にはならないが、引き続き土砂災害に警戒が必要だ。

静岡・千葉は 朝のうち激しい雨に注意

 午前6時現在、梅雨前線上の活発な雨雲が静岡県と千葉県を南下中で、静岡県には竜巻注意情報が発表されている。このあと2時間程度は、非常に強い雨が降るおそれがあるため注意が必要だ。

九州では 引き続き土砂災害に警戒

 九州でも梅雨前線の影響で、夕方までに数時間程度の雨が降る見込み。それほど強くは降らないとみられるが、地盤が緩んでいる地域が多いため、引き続き土砂災害に警戒が必要だ。

北海道には 低気圧が発達して接近

 日本海にある低気圧が発達しながら北上するため、北日本では北海道を中心に荒れた天気となる。今夜にかけて、強風や激しい雷雨などに注意が必要だ。北海道で、あす朝までの24時間に予想されている雨量は多い所で150ミリ、予想される最大瞬間風速は35メートル。

あすは 西日本・東日本でも青空

 あすは梅雨前線が南下するため、北海道など一部を除いて青空が広がる。関東から西では日中の気温が30℃を超える所も多く湿度も高いため、熱中症には注意が必要だ。また、大気の状態はやや不安定なため、範囲は広くないが一部でにわか雨がある見込み。

最終更新:6月25日(土)6時19分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。