ここから本文です

青山修子/二宮真琴が予選突破 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 6月25日(土)8時0分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/予選6月20日~、本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の予選は最終日を迎え、男女単複の予選決勝が行われた。会場はローハンプトンにあるイングランド銀行スポーツセンター。

西岡良仁がアリスを倒して初の本戦入り [ウィンブルドン予選]

 女子の日本勢は、ダブルスで第4シードの青山修子(近藤乳業)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)が予選決勝に臨み、第6シードのエイジア・ムハメッド/テイラー・タウンゼント(アメリカ)を7-6(2) 6-4で下して本戦入りを決めた。二宮はウィンブルドンでは初の本戦出場となる。

 シングルスでは尾崎里紗(江崎グリコ)、桑田寛子(島津製作所)、日比万葉(安藤証券)、江口実沙(北日本物産)、加藤未唯(佐川印刷)の5人が出場していたが、2回戦までにすべて敗れていた。

 女子の日本人選手は、シングルスで土居美咲(ミキハウス)、日比野菜緒(日本/フリー)、奈良くるみ(安藤証券)の3人が出場。ダブルスでは穂積絵莉(エモテント)/加藤未唯(佐川印刷)、土居/エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)、日比野/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)が本戦ストレートインを果たしており、青山/二宮を加えた4組が出場する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【女子ダブルス予選決勝の試合結果(日本人選手)】

○13青山修子/二宮真琴(近藤乳業/橋本総業)[4] 7-6(2) 6-4 ●16エイジア・ムハメッド/テイラー・タウンゼント(アメリカ)[6]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JUNE 21: A ball kids during the 2016 Wimbledon Qualifying Session on June 21, 2016 in London, England. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

最終更新:6月25日(土)8時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]