ここから本文です

高校実験準備中に煙 男子生徒が軽傷 /山武

千葉日報オンライン 6/25(土) 9:41配信

 24日午後0時35分ごろ、千葉県山武市成東の県立成東高校の化学実験室でかんしゃく玉が破裂し、発生した煙で同校1年の男子生徒(15)が目に軽傷を負った。

 同校によると、開催中の文化祭で、化学部の生徒たちが実験用のかんしゃく玉を作る準備をしていたところ、一部が破裂。男子生徒はゴーグルを着けていなかったため煙が目に入った。

 校医の眼科が対応できなかったため、同校が119番通報し病院に搬送されたが、数日で自然に治ると診断されたという。

 同じ部屋に別の生徒が2人いたが、離れていたため被害はなく、文化祭の来場者もいなかった。

 かんしゃく玉は材料の「三ヨウ化チッ素」が乾燥したため破裂したとみられる。

最終更新:6/25(土) 9:41

千葉日報オンライン

なぜ今? 首相主導の働き方改革