ここから本文です

錦織はフェデラーの山、初戦はサービス世界最速グロス<男子テニス>

tennis365.net 6月25日(土)7時30分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は24日、男子シングルスの組み合わせが発表され、第5シードの錦織圭(日本)は準々決勝で対戦する可能性がある第3シードのR・フェデラー(スイス)の山に入った。初戦は、2012年にサービスで世界最速の時速263キロを記録したS・グロス(オーストラリア)と対戦する。過去は錦織の1勝0敗。

ウィンブルドン対戦表

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第29シードのP・クエバス(ウルグアイ)、4回戦で第9シードのM・チリッチ(クロアチア)か第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、そして準々決勝でフェデラーと対戦する組み合わせ。

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)では左脇腹の負傷により2回戦を棄権して不安を残していたが、24日に行われたエキシビション大会のテニスクラシック(イギリス/ロンドン、芝)で世界ランク10位のR・ガスケ(フランス)に6-2, 6-1で快勝し、怪我からの復活をアピールした。

一方、グランドスラムで歴代最多17勝を誇る34歳のフェデラーは、2014・2015年のウィンブルドン決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝。2012年のウィンブルドン以降はグランドスラムでの優勝から遠ざかっており、今年は腰の怪我で全仏オープンを欠場。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)では4連覇を狙うも準決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れた。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:6月25日(土)7時40分

tennis365.net