ここから本文です

「介護に疲れた」首を絞め、妻殺害 容疑の87歳夫逮捕/坂戸

埼玉新聞 6月25日(土)22時27分配信

 25日午前0時45分ごろ、埼玉県坂戸市浅羽の住宅から「妻を殺した。介護に疲れた」と110番があった。駆け付けた西入間署員が寝室のベッドの上で、この家に住む川島ユキさん(85)が倒れているのを発見。夫が首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で夫の無職太郎容疑者(87)を逮捕した。ユキさんは病院で死亡が確認され、同署は殺人容疑に切り替えて調べる。

 同署によると、夫婦は2人暮らし。ユキさんは足腰が悪く、太郎容疑者が10年ほど前から介護していた。同じ敷地の別棟に長男(55)一家が暮らしていて、介護を手伝っていたという。

 ユキさんはこれまで、病院や介護施設に入所。今月になって自宅に戻ったが、体調が優れないため、近く再入所する予定だったという。

 逮捕容疑は同日午前0時40分ごろ、坂戸市の自宅でユキさんの鼻や口を手で強く押さえ付けるなどして、殺害しようとした疑い。

最終更新:6月26日(日)2時30分

埼玉新聞