ここから本文です

ジョコビッチvsフェデラー 全英準決勝で実現か<男子テニス>

tennis365.net 6月25日(土)16時27分配信

ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は24日、男子シングルスのドローを発表し、シード勢が順当に勝ち上がると第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第3シードでウィンブルドン最多優勝の7度を誇るR・フェデラー(スイス)が準決勝で対戦する組合せになった。

ウィンブルドン対戦表

これまで両者は決勝戦での対戦が定番とされていたが、今年のドローでは同じトップハーフにいることで準決勝での対戦となる。世界ランク1位のジョコビッチは、グランドスラム5大会連続優勝、さらに年間グランドスラム達成を目指し、今季3度目のグランドスラムへ挑む。

第2シードのA・マレー(英国)は、比較的優しいと見られるボトムハーフにおり、上位シードが順当に勝ち上がると準決勝では第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦する可能性がある。

ジョコビッチは今年の全豪オープンと全仏オープンの決勝戦で、いずれもマレーを下して優勝。そして27日から開幕するウィンブルドンでは、13度目のグランドスラム優勝を狙う。

上位シード勢が順当に勝ち上がった場合、準々決勝での顔ぶれはジョコビッチ対M・ラオニチ(カナダ)、フェデラー対錦織圭(日本)、ワウリンカ対D・ティエム(オーストリア)、そしてマレー対R・ガスケ(フランス)となる。

全仏オープンを制して生涯グランドスラムを達成したジョコビッチは、ウィンブルドンで4度目の優勝を目指し1回戦で地元イギリス出身のJ・ワード(英国)と対戦する。

シード勢が勝ち上がるとジョコビッチは、3回戦で第28シードのS・クエリー(アメリカ)、4回戦では第13シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。そして、J・マッケンロー(アメリカ)をコーチとして招いたラオニチが、ビッグサービスを武器に準々決勝でジョコビッチを待ち構える。

ジョコビッチは全仏オープンを制したことで、1969年のR・レーバー(オーストラリア)以来となるグランドスラム4大会連続優勝を飾った。そして、1992年のJ・クーリア(アメリカ)以来となる全豪オープンと全仏オープンを連続して優勝している。

初戦、2013年のチャンピオンであるマレーはL・ブローディとの同胞対決、大会18度目の出場となるフェデラーはG・ペラ(アルゼンチン)と顔を合わせる。

第2シードのマレーは、2013年のウィンブルドン決勝戦でジョコビッチをストレートで下し、自身2度目のグランドスラム優勝を飾ったが、それ以降グランドスラムでの優勝から遠ざかっている。先週ロンドンで行われたAEGON選手権では、大会史上最多となる5度目の優勝を飾っており、I・レンドル(アメリカ)を再びコーチとして招いてウィンブルドンへ臨む。

第3シードのワウリンカは2回戦で、かつてベスト4入りした経験のあるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦する可能性がある。デル=ポトロは、度重なる両手首の手術からの復帰途中におり、ウィンブルドンには2013年以来のエントリーとなっている。

恐らく最も注目を集めている1回戦の対戦カードは、第8シードのD・ティエムと怪我から復帰したF・マイヤー(ドイツ)の一戦だろう。

22歳で成長著しいティエムと32歳のベテランのマイヤーは、先週行われたゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)の準決勝で対戦しており、マイヤーが予想を反してストレートでティエムを下していた。その後マイヤーは、自身初となるATP500大会での優勝を飾った。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:6月25日(土)16時27分

tennis365.net