ここから本文です

ペップが94億円のベンチ要員に復活のまじない? 「君のために戦う」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月25日(土)19時1分配信

期待の表れか

マンチェスター・シティの新指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督がMFラヒーム・スターリングに電話をかけたことが明らかになった。

昨夏4900万ポンド(約94億円)でリヴァプールからマンチェスター・シティへと加入したスターリング。低調なパフォーマンスというわけではなかったが、シーズン終盤はベンチに座る機会が多くなり、マンチェスター・シティでの1年目は成功とは言い難いものだった。そのため、英『Mirror』はグアルディオラがこの若きイングランド代表MFの復活を願い、電話で言葉をかけたと伝えている。

同紙によれば、ペップは「君がマンチェスター・シティの選手として働く限り、私は君のために戦う。顔を上げろ。心配しなくていい。君が素晴らしい選手ということはわかっているし、プランには入っている」と話したという。

名将にこのようなことを言われ、何も感じないはずはない。来季のスターリングは一味も二味も違う働きを見せてくれるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月25日(土)19時1分

theWORLD(ザ・ワールド)

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。