ここから本文です

田中将大、MLB通算30勝目でヤ軍5割復帰導く 米紙称賛「すべてはタナカから」

Full-Count 6月25日(土)14時53分配信

チーム最多今季10度目QS、「タナカと鉄壁ブルペンがツインズ圧倒」と地元紙

 24日(日本時間25日)に本拠地で行われたツインズ戦に先発したヤンキース田中将大投手が、今季5勝目(2敗)を飾った。2点の先制を許すも、点を取り返してくれる打線の援護に奮起。6回を7安打7奪三振2四球3失点(自責3)とし、防御率は3.01となった。チームは5-3で勝利し、勝率5割に復帰。地元紙「ニューズデー」電子版では「タナカと鉄壁ブルペンがツインズ圧倒」の見出しで、投手陣の活躍を称えた。

ダル、岩隈、田中…ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 前回17日に続き、ツインズと対戦した田中は、序盤から快調に飛ばした。だが、キレのあるスプリットとは裏腹に、やや制球を乱した3回先頭からの3連打で2点を先制されてしまう。4回にも四球と二塁打が絡んで1失点するが、この日は打線が奮起。3回裏に同点に追いつくと、4回裏には勝ち越しに成功し、マウンド上の右腕を援護した。

 田中は5回と6回にも走者を背負ったが、無失点に抑えて1点リードを守り抜いた。試合後、地元メディアに「やっぱり7イニング以上投げたい気持ちは強い」と通訳を介して、自らの心掛けについて話したが、3回に球数がかさんだために6回を投げ終えて95球(62ストライク)。「今日みたいに球数がかさんでしまえば『なんとか6回までは』とメンタルの中で切り替えた」と、6回3失点の粘投でマウンドを譲った。

今季自己最多タイ7奪三振でメジャー30勝目に到達

 田中の後を引き継いだベタンセス、ミラー、チャップマンの鉄壁トリオがツインズ打線を圧倒。8回には元ツインズ中堅ヒックスのソロ弾で2点リードに広げて勝利し、地区4位ながらも勝率5割に戻した。

 記事では、勝率5割より上になかなか到達できない今季のヤンキースについて、「かつては勝つことがルーティンだったヤンキースが、今年は開幕から水面から頭を上げることができない」とチクリ。だが、「マサヒロ・タナカが見せたようなQS、タイムリー安打、勝利の方程式がハマると勝てる」「すべてはタナカからはじまった」とエースの力投を称えている。

 この日の6回を3失点とした田中は、チーム最多となる今季10度目のクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責点3以下)をマーク。さらに今季自己最多タイとなる7奪三振で、メジャー通算30勝目に到達した。決して楽ではなかった登板ながら、しっかりと試合を作った右腕。今季は例年以上に安定感が増した投球が続いている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月25日(土)16時22分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。