ここから本文です

ハム陽岱鋼、自身も“ビックリ”の一発 バット折りながら先制2ラン

Full-Count 6/25(土) 15:08配信

7号2ランに「レフトフライかと思った」、3回には2打席連発の8号3ラン

 日本ハムの陽岱鋼外野手が25日のオリックス戦(ほっともっと神戸)で本人もビックリの一発を放った。

 初回1死二塁。1ボールから、左腕・松葉の高めに浮いた143キロ直球を振り切った。「打った瞬間、バットが折れた」というが、左翼ポール際へ伸びていく打球はスタンドイン。先制の7号2ランとなった。

 12日の阪神戦(札幌ドーム)以来7試合ぶりの一発。陽岱鋼は「まさか入るとは思わなかった。詰まったし、レフトフライかと思った。風のおかげです」とコメントした。

 さらに3回の第2打席では、今度は完璧に捉えて左中間へ2打席連続の8号3ランを放った。3回時点で2本塁打5打点と大暴れしている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/25(土) 15:08

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。