ここから本文です

去就注目のベルギーGKクルトワ「チェルシーでキャリアを終える気はないし、レアルやバルサ、ドルトムントの試合も見る」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月25日(土)20時30分配信

好きなクラブは、ない?

世界最高峰のGKは、誰かに媚びへつらう訳でもなく、ただただ本音を話している。チェルシーの正守護神として君臨するベルギー代表ティボー・クルトワが、自身の去就について言及。それは多くの人々に期待を抱かせ、また一方では不安を煽るものであった。

現在フランスで開催中のユーロ2016にベルギー代表の主力メンバーとして参戦しているクルトワは、かねてよりチェルシーからの退団が囁かれており、今夏の動向には注目が集まっていた。そんな中、英『EXPRESS』は24歳の赤裸々な本心を伝えている。

「僕はチェルシーでキャリアを終える気はない。特に好きなクラブというのは無いよ。それにレアルやバルサ、それにバイエルンやドルトムント、ユヴェントスといった多くのビッグクラブの試合を見ているからね。これらの中からお気に入りクラブをひとつに絞ることはできないけど、そういうクラブでプレイしたいといつも思っていた。でも今はそんなことを思う必要はないね。なぜならチェルシーも美しいクラブだからさ。でも将来については様子を見る必要があるね」

なおこの優秀な若手GKに対しては、レアル・マドリードが獲得に強い関心を示しており、“試合を見ている”クラブからのアプローチにクルトワはどんな決断を下すのだろうか。ベルギー代表の動向に注目したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月25日(土)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。