ここから本文です

広島打線がドラ1岡田を強力援護 3回に3点を先制

Full-Count 6月25日(土)15時37分配信

ここまで未勝利の岡田

 広島打線が25日の阪神戦(横浜)でドラフト1位・岡田明丈投手を強力援護した。

 3回、3者連続四球で無死満塁のチャンスを作った。ここで4番・ルナが左腕・能見の直球を捉える右前適時打で先制した。続く1死満塁では前夜に決勝打を放った新井貴浩が中犠飛。2死一、二塁からは下水流昴の中前適時打で1点追加した。

 岡田は試合前まで8試合登板し防御率2.80とまずまずの投球を見せているが、0勝2敗とプロ初勝利は遠い。リーグトップのチーム打率2割6分7厘と好調な打線がルーキー右腕を後押しした。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月25日(土)15時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報