ここから本文です

非情なペップ計画始動! シティが44億円で獲得した25歳をたった2年で放出へ

theWORLD(ザ・ワールド) 6月25日(土)20時40分配信

ペップは戦力と見なさない?

多くの期待と共にやってきた若者は、志半ばでチームを去ることになるかもしれない。イングランドの強豪マンチェスター・シティが今夏の放出を模索しているのは、たった2年前に契約したばかりの選手だ。

2014年夏、ポルトガル屈指の名門ポルトで驚くべき活躍を披露していたフランス代表CBエリアキム・マンガラは、およそ3180万ポンド(約44億円)もの高額な移籍金でシティへと加入。しかしながらそのパフォーマンスは安定性に欠き、前クラブでの仕事ぶりとは大きくかけ離れたものだった。ポルトガル『O Jogo』によると、来季よりシティを率いるペップ・グアルディオラ新監督が、この不甲斐ないフランス人CBを放出すべき余剰戦力と見なしており、新シーズンのプロジェクトに含むことはないという。さらにそのマンガラを救出すべく、古巣のポルトが再獲得に動いていると同メディアは伝えている。

現在はフランスで開催中のユーロ2016に参戦ししているマンガラ。昨季は新戦力としてニコラス・オタメンディが加入したこともあり、その序列が下がっていたのは確かだが、25歳のイングランドにおける挑戦は早くも終わりを迎えてしまうのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月25日(土)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。