ここから本文です

すべては我がために!? ディバラがD・アウベスとピャニッチを歓迎「僕のゴールを演出してくれる選手」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月25日(土)21時30分配信

ディバラを活かすことができる2人

ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、加入が目前とされているブラジル代表DFダニエウ・アウベスと先日移籍が発表されたボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチを歓迎しているようだ。

伊紙『Gazzetta dello Sport』のインタビューに応じたディバラは、まずD・アウベスについて「これまで僕はバルセロナでプレイする彼を見てきたけど、偉大な選手だよね。メッシと素晴らしいコンビネーションを見せていたのを思い出すよ。彼は非常に高い技術を持つ選手だし、守備面でも攻撃面でも僕たちを助けてくれるんじゃないかな。僕のゴールをたくさん演出してくれることを期待しているよ」と触れた。

さらにピャニッチについては「彼の移籍が決まった頃、僕は新聞をあまり見ていなかった。久しぶりに新聞を開いてみたら、彼がすでにチームメイトになっていたからすごく驚いたよ。ローマからユヴェントスへ移籍したことは驚いていない。多くの選手がこのクラブへ来たがっているからね。僕はピャニッチがユヴェントスに加入したことで、チームに何がもたらされるかをすぐに考えたんだ。ピャニッチはすごく良いキックを持っているし、FKに新たな武器が加わる。僕やポグバも彼と一緒に練習することで上達できるんじゃないかな」と話した。

まだ22歳と若いディバラには、現在バルセロナやレアル・マドリードなど、多くのビッグクラブが注目している。彼がユヴェントスにいつまで在籍するかはわからないが、年上のD・アウベスやピャニッチから少しでも多くのことを学び、今後世界を代表する選手に成長してもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月25日(土)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]