ここから本文です

福留の日米2000安打に祝福の声 星野仙一氏「まだまだお前には可能性がある」

Full-Count 6月25日(土)19時29分配信

松井稼頭央「嬉しく思う」

 阪神の福留孝介外野手が25日の広島戦で2安打を放ち、日米通算2000安打を達成した。これに関して、元恩師の楽天・星野仙一副会長、PL学園で先輩の楽天・松井稼頭央が祝福のコメントを寄せた。

 星野副会長「ここまでよく練習した。アメリカでの苦い経験も勉強になった。俺から見れば1年遅かったかな。あとは体に気をつけて、山を越えたらまた次の目標を持ち続けること。『がんばった』とは言わない。まだまだお前には可能性がある」

 松井稼頭央「おめでとう! 高校の時から一緒にやってきた選手が日米通算2000本打ったことを嬉しく思う。また怪我をせず、次の一本を目指して、一本一本積み重ねていって欲しい」

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月25日(土)21時28分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。