ここから本文です

福留、2000安打は「たくさんの人に支えられた記録」 最も記憶に残る1本は…

Full-Count 6/25(土) 20:18配信

「苦しいこともあったが、それを糧にして2000本という数字を達成できた」

 阪神の福留孝介が、25日の広島戦で2安打を放ち、日米通算2000安打を達成した。試合後に行われた会見で福留は「ほっとしているのが一番です」と、安堵の表情を見せた。

 記録達成まであと2安打で迎えたこの試合、第2打席でライト線に二塁打を放って王手をかけた。「ここで決めたいと思った」と迎えた第3打席、3ボールから広島先発の岡田のストレートをとらえた打球は、鋭いゴロで一、二塁間へ飛んだ。「飛んだ場所が菊池君のところだったので、あっと思ったが、ヒットになってよかった」と記念の一打を振り返った。

 福留は「苦しいこともあったが、それを糧にして2000本という数字を達成できた。それもいい思い出」と感慨深そうに話し、最も記憶に残っているヒットを「(2002年に)首位打者をとった年に、それを決めた東京ドームで打ったヒット。争っていたのが松井(秀喜)さんで、相手が相手だったので、本当に嬉しかった」と明かした。

 記録達成直後には、かつて同僚だった新井貴浩が花束を受け取り、守備についたライトでは、スタンドからカープファンの声援も受けた。スタンドでは、家族も観戦していた。福留は「周りのたくさんの人に支えられた記録。携わった全ての人が、僕の恩師です」と周囲に感謝し、「その中でも一番近くで支えてくれた家族に感謝したい」と妻と子供に心を寄せた。

 チームは試合に敗れ、レギュラーシーズン再開が連敗スタートになったこともあり、「今の状況を受け止めて、乗り越えていかなければいけない」と現状を危惧し、「自分が前に立って若い選手を引っ張っていかないと、チームが前に進まない」と気を引き締めていた。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:6/25(土) 20:18

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。