ここから本文です

門脇麦、映画オーディションで「脱ぎました」 仰天エピソードを披露

クランクイン! 6月25日(土)8時40分配信

 映画『二重生活』に出演している女優の門脇麦が、24日放送のTBSトーク番組『A‐Studio』に出演。門脇は、要領のよかった幼少のころや、自ら「一番大事なものと思っている」としている家族との信頼関係の強さを感じさせるエピソードを明かした。

【関連】「門脇麦」フォトギャラリー


 今年の3月から一人暮らしを始めながら「あと2年、今の家の契約があるんだけど、それが終わったらまた実家に戻ろうかな、と。母も寂しいと言っているし」と家族好きな様子を明かす門脇は、数々の映画祭新人賞を総なめにした映画『愛の渦』でのエピソードを披露。

 本作は性描写も大胆で、性欲が強い女子大生を演じた門脇は、オーディションで三浦大輔監督と出会い「この人と絶対仕事がしたい」と思い、その場で脱ぎ裸をみせたという。その際、「三浦監督も脱ぎました、なぜか(笑)。『僕も一緒に脱ぎます』って言って」と仰天秘話を明かした。

 また、ハードなラブシーンなどを披露することになった際には「親からしてみれば私はただの娘、(そういう撮影は)やっぱり抵抗はあるだろうし、いい気はしないだろうと。だからこそ自分でやろうと決めたのなら、態度で示さなければ」と、事前に両親と撮影についての話をしていたエピソードを明かし、その信頼関係の強さを見せていた。

 この日は番組冒頭からいきなり「申し訳ありません」と謝罪していた門脇。実は『A‐Studio』では恒例の、ゲストの身内に極秘でインタビューを行い、ゲスト登場時にそのタネ明かしをしびっくりしてもらうという進行において、門脇の父がインタビューを受けたことを、番組収録前に本人に漏らしてしまうというハプニングに。「家族とは隠し事を一切しないので、悩みも筒抜けなんです」とその父の失態を詫びながらも、“風通しのよい”家族の様子を語っていた。

 一方で、幼少期は要領がよかったという門脇は、母に叱られ「出ていけ」と言われれば家の管理人のところへ合い鍵を受け取りに行き、「もう口を利かない」と言われれば門脇のほうがしゃべるのをやめ、一方的に叱られれば近所の大人のところへ遊びに行き、叱られた理由を話しては逆に親を叱ってもらうなど、“計算高い生活”を送っていたエピソードを明かし、笑いを誘っていた。

最終更新:6月25日(土)9時9分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。