ここから本文です

時間短縮だけが目的ではない!? 新設された「スピードアップ賞」の意味とは…

ベースボールキング 6/25(土) 9:00配信

今年から創設された新タイトル

 セ・パ交流戦が全日程を終えた6月20日、日本野球機構から「スピードアップ賞」に関する途中経過が発表された。

 「スピードアップ賞」とは、試合時間短縮を目指して日本野球機構が新たに制定したコミッショナー表彰である。ちなみに、名前は仮称だ。

 これが一体何なのかと言うと、「試合をスピーディーに進めたチーム及び個人を表彰する」というもの。選考基準は以下のようになる。

【スピードアップ賞(仮)】
・平均試合時間(9回)の最も短いチーム(セ・パ各1チーム)
・無走者時の平均投球間隔が最も短い投手
・相手投手の平均投球間隔が最も短い打者


 「スピードアップ賞」という名称のタイトルが制定されたのは今年からであるが、昨年まではセ・パ各リーグが独自に表彰を行っていた。

 セ・リーグは1999年から、パ・リーグでは2013年から開始された特別表彰で、今回のようにチームや投手/打者を分けた設定ではなく、「投球テンポの良さ」や「攻守交替時の機敏さ」など、「試合時間短縮に最も貢献した選手」に贈られたもの。

 ちなみに、セ・リーグの初代「スピードアップ賞」受賞者は巨人の上原浩治、パ・リーグは栗山巧であった。

「楽しさ」と「快適さ」の両立を...

 そもそも、試合時間の短縮をめざす理由とは何なのだろうか。

 これまでに日本野球機構が行ってきた試合時間短縮の取り組みとして、2008年に環境省の『チームマイナス6%』と協力して実施された「NPB 2008 Green Baseball Project」がある。

 地球温暖化防止活動の観点から、この時は『試合時間マイナス6%』と銘打った活動を展開。平均の試合時間を3時間06分(過去10年の平均:3時間18分からマイナス6%)とすることを目指して取り組みを行った。

 結果的には3時間13分で目標達成とはならなかったが、従来の試合時間から5分程度の短縮に成功。この年は9回の平均試合時間が一番短かった広島(3時間3分)がチームとして表彰されている。


 この2008年の時のように、“環境問題対策”としての「エネルギーの節約」というのも理由のひとつとしては考えられる。しかし、やはり一番は試合の「スピード感のなさ」を理由にしたファン離れを防ごうということだろう。

 たしかに、平日ナイター開催での観客の帰宅時間や、週末に子供連れで観戦にきたファンのことを考えると、試合時間は長くないほうが良いというのも頷ける。しかし、かと言ってただ試合時間を短くするためだけの取り組みをクローズアップすることには違和感もある。

 球場に来るファンの中には、野球という競技そのものだけを見に来ているのではなく、試合以外の演出やサービス面を含めたエンターテイメントとして楽しんでいる人も少なからずいる。球団側もそれは重々承知しており、試合前やイニング間には様々なイベントが行われるなど、ファンを楽しませる努力をしている。

 ファンを楽しませる演出と、スピード感のある試合内容の両立。つまりは「試合時間が何分短くなった」という数字にとらわれるのではなく、ファンに球場にいる時間を「長い」と感じさせないことが大事なのではないか。

 今年から創設される新タイトル「スピードアップ賞(仮称)」。この行方を見守るとともに、ファンの満足度も高まっていくことに期待したい。


【スピードアップ賞・個人ランキング】
※6月20日時点

▼ セ・投手(無走者時の平均投球間隔時間)
1位 10.9秒 高木勇人(巨人/76回)
2位 10.9秒 井納翔一(DeNA/83.2回)
3位 11.0秒 マテオ(阪神/26回)

▼ パ・投手(無走者時の平均投球間隔時間)
1位 8.0秒 牧田和久(西武/48回)
2位 9.5秒 小石博孝(西武/34.2回)
3位 10.3秒 メンドーサ(日本ハム/77.1回)

▼ セ・打者(無走者時の平均投球間隔時間)
1位 12.0秒 大島洋平(中日/316打席)
2位 12.1秒 中村悠平(ヤクルト/260打席)
3位 12.3秒 川端慎吾(ヤクルト/317打席)

▼ パ・打者(無走者時の平均投球間隔時間)
1位 12.6秒 中村 晃(ソフトバンク/280打席)
2位 12.6秒 西野真弘(オリックス/289打席)
3位 12.7秒 岡島豪郎(楽天/259打席)


※対象選手条件
<投手>
・先発120投球回以上(シーズン途中の場合は「チーム試合数÷143×120」以上。小数点以下は切り捨て)
・救援50投球回以上(シーズン途中の場合は「チーム試合数÷143×50」以上。小数点以下は切り捨て)

<打者>
・規定打席以上

BASEBALL KING

最終更新:6/25(土) 9:00

ベースボールキング