ここから本文です

1度はホームタッチアウトと宣告されるも…判定が覆りロッテが先制!

ベースボールキング 6月25日(土)18時53分配信

西武 - ロッテ
<10回戦・西武プリンス>

 思わぬ形でロッテが先制した。

 初回一死二、三塁の場面で、ロッテの4番デスパイネが放った打球は、西武の遊撃・鬼崎裕司の正面へ。打球を処理した鬼崎は、本塁へ送球。スタートを切っていた三塁走者の高浜卓也を三本間で挟むも、捕手・岡田雅利の送球を三塁・金子侑司がキャッチした後にボールを落としてしまう。金子侑は慌ててボールを拾い、本塁にいた投手・野上亮磨に送球。野上が三塁走者の高浜をタッチし、本塁アウトとなった。

 しかし、この判定にロッテの伊東勤監督がビデオ判定を要求。約10分間にわたる審判団の協議の末、アウトの判定がセーフに覆りロッテが先制した。

BASEBALL KING

最終更新:6月25日(土)18時54分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報