ここから本文です

女子プロ野球に誕生した姉妹バッテリー

ベースボールキング 6月25日(土)19時0分配信

○ 京都フローラ 5-1 兵庫ディオーネ ●
<ヴィクトリアシリーズ第9戦・淡路佐野第一球場>

 圧倒的な強さで女子プロ野球の前期優勝を果たした兵庫ディオーネ。しかし、後期開幕戦となる6月25日の京都フローラ戦を、主力不在という状況で迎える。なぜなら、里綾実・厚ヶ瀬美姫・寺部歩美の主力3選手が、9月に韓国・釜山で行われる女子野球ワールドカップの代表合宿(新潟)に参加しているからだ。前期優勝の立役者たちがいない中での開幕戦。前後期優勝を狙うディオーネにとっては厳しい幕開けとなった。

 この窮地を救うべく、ある姉妹が立ち上がった。後期開幕戦には、ディオーネの“左腕エース”泉由有樹が先発。その試合で、今季より導入されたトライアルゲーム制度(※育成球団であるレイアの対象選手がトップチームの限られた日程の中で公式戦に出場できる制度)を利用し、泉由有樹の妹でレイアに所属する捕手の泉由希菜が出場し、女子プロ野球リーグ史上初の姉妹バッテリーが誕生した。

 姉妹ならでは、他のバッテリーにはない信頼関係は、大きな武器となるはずだったが、ティアラカップ優勝で波に乗る京都フローラ打線を抑えることはできなかった。姉の由有樹は「妹と公式戦でバッテリーを組むとなると、高校生以来ですね。私のことを理解してくれているので、投げやすさはあります。『ここでこのボールを投げたい』と思っているボールを要求してくれます」と、妹に絶対の信頼を置いていたが、同点で迎えた6回、京都の秋山に勝ち越し打を許すと、続く金山にはダメ押しとなる2点適時打を浴びた。



 一方、トライアルゲーム制度での公式戦出場が2度目となる妹の由希菜も「前回、埼玉アストライアでプレーした際は、緊張して自分のプレーが出来なかった。今回は2度目となるので、自分のプレーができるよう心掛けて臨みます。自分が打って、姉に勝ちをプレゼントできるよう頑張ります」と胸を弾ませ、試合に臨んだが2三振を含む無安打に終わった。

 姉の由有樹は、前期を終えてここまで3勝。本人の理想は高く、まだ満足のいくピッチングは出来ていないと話す。現在もフォームをよりしなやかにするために肩回りの強化に取り組んでいる。昨オフから新しく就任した川口知哉コーチと二人三脚でフォーム改造も行った。「制球力アップを目的にフォーム改造を行いました。フィニッシュの形から固め、トップの位置、体重移動など1つずつ固めていきました」。

 主力不在の開幕戦。周囲からも不安な声が漏れる。しかし泉は「色々な人から、3人が居なくて大丈夫?などと言われますが、今年の兵庫ディオーネは全員野球をモットーに毎試合を戦っているので、3人がいなくても“ここまでできる”というチームとしての底力を見せたいです。そのためにもまずは後期開幕を2連勝して、いいスタートを切れるように、自分の任せられた役割をしっかり果たしていきます。」と話していた。

 開幕白星スタートとはならなかったが、京都打線を6回まで1失点に抑えた姉妹バッテリー。1回と3回には3者凡退に抑えるなど、随所に見どころはあった。姉妹は、すでにリベンジに燃えている。

BASEBALL KING

最終更新:7月28日(木)16時30分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]