ここから本文です

ひゃくまんさん、園児踊る 「小唄」発表会、七尾・本宮のもり幼保園

北國新聞社 6月25日(土)3時26分配信

 県観光ブランドプロデューサーを務めるシンガー・ソングライターの松任谷由実さんが作曲した「ひゃくまんさん小唄」の発表会が24日、七尾市の本宮のもり幼保園で開かれ、年長児13人が県マスコットキャラクター「ひゃくまんさん」と踊りを楽しんだ。

 園児はキリコや千枚田、輪島の朝市など能登の名物や名所が歌詞に盛り込まれた曲に合わせ、ひゃくまんさんと息の合った踊りを披露した。野崎心陽(こはる)ちゃん(6)は「たくさん練習したのでうまく踊れた」と笑顔を見せた。

 県は今年2月、「ひゃくまんさん小唄」に合わせて園児が踊る映像を公開し、県内の保育園や幼稚園に普及を呼び掛けている。

北國新聞社

最終更新:6月25日(土)3時26分

北國新聞社