ここから本文です

愛着ある写真119点 「お気に入りの一枚」展、北國新聞交流ホール

北國新聞社 6月25日(土)3時26分配信

 第10回「お気に入りの一枚」展(北國写真連盟、北國新聞社主催)は24日、金沢市の北國新聞交流ホールで始まった。会員が愛着や思い出がある作品119点を紹介し、写真愛好者らの目を楽しませた。

 評価を受けるコンテスト向けではなく、会員が各自の好みで撮影した写真が並んだ。風景や人物、祭りなどの分野からバラエティー豊かな作品が多く、滝に打たれる修行僧や親子のサル、夕日を受けて黄金色に光る水田などを捉えた意欲作が展示された。会員夫婦は同じテーマの2点を組み作品として並べた。

 特別会員の写真家、織作峰子さん=小松市出身=が、英国の街角を写したモノクロ作品もある。

 会期は26日までで、時間は午前10時~午後5時。入場料は500円(中学生以下無料)。

北國新聞社

最終更新:6月25日(土)3時26分

北國新聞社