ここから本文です

宮島選手がパラリンピック代表、車いすバスケ 金沢在住

北國新聞社 6/25(土) 3:26配信

 日本パラリンピック委員会(JPC)は24日、リオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の1次発表を行い、車いすバスケットボール代表に金沢市在住の宮島徹也選手(27)=バーチャレクス・コンサルティング、富山県ク=が選ばれた。石川県関係者ではリオパラリンピック代表の第1号となった。

 宮島選手は砺波市出身で、中学2年の時、バスケットボールの富山県選抜選考会で負傷、医療ミスで左足を切断した。パラリンピック出場は3度目で、2008年の北京は7位、12年のロンドンは9位だった。

北國新聞社

最終更新:6/25(土) 3:26

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革