ここから本文です

コパ・アメリカ準決勝の会場で事件発生…多くのカメラマンが盗難被害に遭う

SOCCER KING 6月25日(土)14時50分配信

 22日にコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準決勝、コロンビア代表対チリ代表戦が行われたイリノイ州シカゴのソルジャー・フィールドで、多くのカメラマンが盗難被害に遭っていたことが分かった。メキシコのニュースサイト『メディオティエンポ』が報じている。

 通常、カメラマンは会場入りした後、撮影エリアの割り当て発表に出席しなければならず、その時間帯は控室に撮影機材を置いたまま席を空けるケースが多い。

 また、この試合では激しい雷雨による2時間半の中断があったため、警備が手薄になり、カメラマン控室などバックヤードへの人の出入りが見過ごされていた可能性が高いという。

 その中で、少なくとも4つのエージェンシーのカメラマンが、カメラやレンズ、スマートフォンなどの盗難被害に遭ってしまった。

 被害に遭ったカメラマンの一人は「盗んだ人間はどこに何があって、どうやって金目のものを探せばいいか完全に知っていたはずだ」と証言し、プロによる計画的な犯行であることを示唆した。

 コパ・アメリカなどのビッグトーナメントでは、カメラマンの機材を狙った盗難や強盗事件が相次いで発生する。

 被害の拡大を防ぐためにも、セキュリティ強化を徹底してほしいものだ。

SOCCER KING

最終更新:6月25日(土)14時50分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。