ここから本文です

左腕骨折のラベッシ、手術は成功…コパ準決勝でアクシデント

SOCCER KING 6月25日(土)22時15分配信

 アルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(河北華夏)が左腕の手術を受け、成功した。24日付のアルゼンチン紙『ラ・ナシオン』が報じている。

 ラベッシは21日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準決勝アメリカ戦で負傷。味方からのロングパスをヘディングで受けようとした際にピッチ外の看板に激突し、裏側に落下した。左腕を骨折し、チームを離れている。

 同紙によれば24日、ラベッシがニューヨークで手術を受け、成功したという。術後の状態も良好で、回復に向けて新たなスタートを切ったようだ。

 準決勝を突破したアルゼンチン代表は、26日にチリ代表との決勝戦を控えている。出場することができないラベッシのためにも、チームメートの奮起に期待がかかるところだ。

SOCCER KING

最終更新:6月25日(土)22時15分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。