ここから本文です

厳しいアフリカ予選…カメルーン、ナイジェリア、アルジェリア、ザンビアの“死の組”誕生

ゲキサカ 6月25日(土)13時4分配信

 ロシアW杯アフリカ最終予選の組み合わせ抽選会が24日にカイロで行われた。最終予選は20チームが5組に分かれて対戦し、1位のチームのみが本大会への出場権を獲得するが、B組では前回大会でW杯に出場し、いずれの2大会連続出場となっているカメルーン、ナイジェリア、アルジェリアの3チームが同居。それに12年アフリカネイションズ杯を制したザンビアが加わる、まさに“死の組”が誕生している。

 最終予選は10月3日より開始され、17年11月14日まで行われる。

▽A組
チュニジア
リビア
DRコンゴ
ギニア

▽B組
ザンビア
カメルーン
アルジェリア
ナイジェリア

▽C組
ガボン
マリ
コートジボワール
モロッコ

▽D組
セネガル
南アフリカ
ブルキナファソ
カーボベルデ

▽E組
ガーナ
エジプト
コンゴ
ウガンダ

最終更新:6月25日(土)13時4分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報