ここから本文です

新潟がFW山崎の今季初弾で完封勝利! 序盤のGK守田負傷交代のピンチ乗り越える

ゲキサカ 6月25日(土)22時32分配信

[6.25 J1第1S第17節 新潟1-0鳥栖 デンカS]

 15位アルビレックス新潟がFW山崎亮平の今季初ゴールで13位サガン鳥栖を1-0で退けた。新潟は2試合ぶりの勝利、鳥栖は5試合ぶりの敗戦となった。

 開始から主導権を握ったのは新潟。前半6分、リーグ戦今季初スタメンのFW鈴木武蔵がスルーパスを受け、右から折り返す。PA内で山崎がスルーし、ファーから走り込んだFW田中達也が右足で合わせるも、GK林彰洋にセーブされた。

 前半16分には鳥栖がチャンスを迎える。MF鎌田大地が絶妙なスルーパスを送り、裏へ抜け出したFW豊田陽平がPAのライン付近から左足でシュート。しかし、飛び出したGK守田達弥に体を張って防がれた。

 ピンチをしのいだ新潟だったが、このシュートシーンの直後に守田の顔面に豊田の膝が激突しており、守田は流血してプレーが一時中断。結局、守田はタンカで運び出され、前半21分にGK川浪吾郎との交代を余儀なくされた。

 新潟はアクシデントにも動じず、前半43分にMF加藤大の左CKをニアのDFコルテースがバックヘッドでそらし、フリーのDF大野和成がファーに飛び込む。あとは押し込むだけの決定機だったが、ヘディングは枠の左に外れた。

 ペースをつかめない鳥栖は後半に入ると、FW富山貴光に代えてFW早坂良太、MF福田晃斗に代えてMF岡本知剛を投入する2枚替えを敢行。積極的に前からプレスをかけ、流れを引き寄せようとした。後半11分にはMF金民友の右CKにゴールエリア中央のDF谷口博之が高いジャンプから頭で合わせるが、惜しくもクロスバーを越えた。

 その後は両チームとも足が止まり始め、膠着状態となる。ホームの新潟は後半32分に鈴木を下げてMF成岡翔を投入。すると直後の同33分、ついにスコアが動いた。

 MFレオ・シルバがPA手前でキープし、左から走り込んだコルテースにスルーパス。PA内左からコルテースがクロスを送ると、中央の加藤がダイビングヘッドで合わせる。左ポストに当たったものの、跳ね返りを山崎が右足で押し込み、先制ゴール。この1点を最後まで守り切った新潟が鳥栖と順位を逆転させ、13位で第1ステージを終えた。

最終更新:6月25日(土)22時47分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]