ここから本文です

外国産馬レヴァンテライオンが人気に応えV/函館新馬

netkeiba.com 6月26日(日)12時18分配信

 26日、函館競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・14頭)は、一旦ハナに立つも2番手に控えた三浦皇成騎手騎乗の1番人気レヴァンテライオン(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で外に持ち出して脚を伸ばし、好位追走から一旦は抜け出していた2番人気エスケークラウン(牡2、栗東・木原一良厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒9(稍重)。

 さらに3馬身差の3着に3番人気ナルカミ(牡2、美浦・松永康利厩舎)が入った。

 勝ったレヴァンテライオンは、父Pioneerof the Nile、母Ghostly Darkness、その父Ghostzapperという血統の米国産馬。

【勝ち馬プロフィール】
◆レヴァンテライオン(牡2)
騎手:三浦皇成
厩舎:栗東・矢作芳人
父:Pioneerof the Nile
母:Ghostly Darkness
母父:Ghostzapper
馬主:ライオンレースホース
生産者:HargusSextonSandraSextonTomBozarth&SilverFernFarmLLC

最終更新:6月26日(日)12時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ