ここから本文です

<竹達彩奈>「スチームパンクの衣装が着たい」がきっかけ 新シングルは映画のような世界観

まんたんウェブ 6月26日(日)16時11分配信

 声優アーティストとして活躍する竹達彩奈さんが、22日にニューシングル「Miss.Revolutionist」をリリースした。映画のような世界観を持ったクールな表題曲と、ライブで盛り上がりそうなポップナンバーというテイストの異なる2曲のロックサウンドに挑戦。どんな気持ちで歌ったのかなど竹達さんに話を聞いた。

【写真特集】竹達彩奈が可愛すぎる… インタビューでのキュートな表情

 ――「Miss.Revolutionist」は、疾走感があってカッコいい曲ですね。

 今までやったことのないものを意識しました。最初はスチームパンクの衣装を着たいな、そういう世界観を作りたいなというところから始まったんです。それで、スチームパンクから連想ゲームをするようにして考えていって、革命団みたいな集団の物語が浮かんで。そこから曲のイメージとして、カッコよくて革命を起こせるような、芯の強さを持った感じがいいと。

 ――そもそもスチームパンクの衣装を着たいという、きっかけは何だったんですか。

 何か特定の作品に触れて、影響を受けたというわけではなくて。たとえば今回の衣装でゴーグルを付けていたり、ゼンマイがいっぱい付いていたりするのですが、そういうファッション的な感覚で好きになったのが最初でした。でもそういうテイストを出す機会がなかなかなく、今回のシングルはアニメのタイアップが付かないということだったので、やるならこのタイミングしかない、と。

 ――これまでの可愛くてポップなものとは曲調が違う分、歌い方は何か意識しましたか。

 私が革命を起こす人だとして、どうやって歌うだろうということは、もちろん想像して歌ったのですが、「カッコよく歌わなきゃ!」みたいな意識はありませんでした。むしろナチュラルに歌えたらいいなと思って。気持ちが入るのはいいのですが、入りすぎると変にテクニック的なものが出過ぎてしまうことがあるので、出過ぎないようにシンプルさを意識して。主人公の気持ちを。ストレートに表現できたらいいなと思って歌いました。

1/3ページ

最終更新:6月26日(日)16時11分

まんたんウェブ