ここから本文です

英EU離脱、フランスへの影響 「Frexit」ある? モルガン「オランダへの衝撃ほどではない」

ZUU online 6月26日(日)11時10分配信

長年くすぶっていた英国とEU諸国の関係を一夜にして清算したBrexit。その影響が直撃するといわれている隣国、フランス。両国の愛憎が交差した対立的とも友好的とも受け取れる関係に、歴史を塗り替えたBrexitがもたらす影響については、様々な憶測が飛び交っている。

フランスの反応もこれまでの両国の歴史同様、対立と支持が入り交じったものだ。

■JPモルガン予想 経済的影響は低め?

最も重要視される経済効果について、国際通貨基金(IMF)は2019年までにフランス経済が0.2%から0.4%低下すると予測している。

しかし米JPモルガンのストラテジストなどは、英国への輸出がGDPのわずか2%しか占めていないことを理由に「英国への輸出が7%を占めるベルギーやオランダが受けるほどの衝撃にはならない」と、真っ向から観測が対立している。

いずれにせよアイルランド、オランダ、ベルギーなどの経済が、最高0.5%落ち込むと予想されていることと比較すれば、フランス経済が最悪の事態に陥ることは想像しがたいーーという見方が強い。

■フーラード仏欧州議会議員「EUの特権は認めない」

英国民が共同体からの独立を選択したという事実についても、政府内で反応が割れている。

国民投票の結果発表後に開かれたEU首脳による緊急会合で、ジャン・クロード・ユンケル欧州委員会委員長は「離脱プロセスがいかに困難を極めるとしても、速やかに手続きを開始せよ」と辛辣な態度をつらぬいた。

ユンケル委員長の姿勢に、フランソワ・オランド仏大統領は全面的に同意。「(Brexitは)痛恨の決断だ。欧州にとって深刻な挑戦となる」と、英国の決断をネガティブに受けとめている。

英国のEU離脱は、英国企業は勿論、英国を拠点にEU諸国で事業を展開している事業にも多大な影響をおよぼす。例えばEU諸国向けの輸出商品を英国で製造している企業にとって、EU加盟国の特権のひとつであった関税免除を失いかねないーーという打撃が、かねてから懸念されていた。

シルヴィ・フーラード仏欧州議会議員は、英国離脱が決定する以前に米メディアを通して、これらの企業にEUの特権を与えない意向を明確にしている。

また現在フランスに在留する1万6000人の英国人の移住権についても、今後ビザの取得が義務づけられる可能性がある。

■国民戦線党首「仏でも国民投票を」

その一方で国民戦線の女性党首マリーヌ・ル・ペン氏は、自身のTwitterページにユニオンジャック(英国旗)を掲げ、Brexitを称賛。フランスでも同様の国民投票実施を呼びかけている。

ペン氏は6月17日にも「フランスがEU離脱を望む理由は1000個以上ある」とコメントしており、「自国の高失業率、テロ、移民問題などの責任はEUにある」と、共同体が理想通りに機能していない点を非難している。

■デュアメル氏「仏は英EU離脱を悲しまない」

世論という観点から見ても、英国のEU離脱を支持する傾向が最も強かった国がフランスだ。

4月に行われた調査で「英国はEUに残留すべき」と回答した国民はわずか28%。

「Brexitが現実化してもフランスは嘆き悲しまないだろう。EUはあまりにも英国色に染まっている」という仏ジャーナリスト兼政治家アラン・デュアメル氏の言葉通り、フランスにとって英国は「目の上のタンコブ」的存在でもあったようだ。

また英国から自国へ企業が流出し、経済の活性化を狙えるという希望も抱いている。今年の国内総生産(GDP)が、英国を上回る3兆1240億ドル(約319兆2415億円)に達すると見込まれているだけに、逆境を逆手にとり、英国なき後のEU繁栄の野望に燃えている様子がうかがえる。(アレン・琴子、英国在住のフリーライター)

最終更新:6月26日(日)11時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]