ここから本文です

リオ切符争う、宮里美香が「予想外」の予選落ち 1Wに人生初の悩みも

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月26日(日)11時0分配信

「予想外の出来事」と振り返ったのはプレーヤー本人に他ならなかった。アーカンソー州のピナクルCCで開催中の米国女子ツアー「ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G」2日目。4アンダーの23位タイから出た宮里美香は上がり2ホールで連続ボギーを叩き、「73」(パー71)で通算2アンダー。前年2位に入った大会で、カットラインに1ストローク届かず予選落ちした。

【写真】同組の選手たちと雑談で笑顔を見せる宮里美香

予選カットラインは通算3アンダー。4アンダーとして迎えた後半8番、9番は同じミスが出た。左へ曲げたティショットをきっかけに連続ボギー。最終9番は左サイドのフェアウェイバンカーから打ち上げとなる2打目が、グリーンから下り傾斜をつたい、約20yd戻って3オン2パットとした。

「もったいない、ボギー、ボギー…」。2012年は2位、13年に3位、そして昨年再び2位と惜敗が多いが、好相性の大会だった。これまでとはまったく違う、決勝ラウンド進出をかけた緊張感を味わい、敗れた。

ここ最近は1Wショットが左に行く傾向があるという。「ボールがつかまるのは良いことなんですけどね。体力が付いたのかな…スイングが速くなっている感じ。右にプッシュ(アウト)することはなくなっている。こんなの人生で初めて。ただ、自分のものになっていない」。“修正治療”したい気持ちもあるが、試合が続くため「いまはこれでやるしかない。目の前のことに集中してやる」と、連戦中の対応力にかけるつもりだ。

7月11日付けの世界ランキングをもとにしたオリンピックランキングで決まる「リオデジャネイロ五輪」の日本代表。野村敏京に続く2番手争いは熾烈で、最新の世界ランクは大山志保が43位、宮里が44位、渡邉彩香が45位と続いている。大山は今週の国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」を首痛で欠場。渡邉は33位タイで最終日に入っている。(アーカンソー州ロジャース/桂川洋一)

最終更新:6月26日(日)11時0分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)