ここから本文です

帝王賞など豪華開催!他にも東京ダービー馬・ラッキープリンスら出走!! 6/27(月)~7/1日(金)TCKの見どころ

netkeiba.com 6月26日(日)16時0分配信

 帝王賞と優駿スプリントの2つの重賞が行われる豪華開催。イベントも盛りだくさんで、ビール片手に観戦するのも心地良い季節になってきた。これぞトゥインクル競馬の醍醐味。

 6月30日(木)大井11レースは3歳以上のオープン戦・武蔵野オープン(1600m)が行われる。昨年の南関東生え抜きの東京ダービー馬ラッキープリンス(浦和・小久保厩舎)も出走予定。最近の傾向で、中央卒業生たちの名前もズラリと並ぶ。

 南関東最年長12歳のコアレスピューマに次いで、ナンバー2のベテランホースは11歳のフォーティファイド(大井・渡邊厩舎)。女傑ファストフレンドの愛息。最近の成績は今一つだが、ここまで重賞レースを使ってきただけに地力の高さを見せつけたい。

 7月1日(金)の大井11レースには、シーサイドカップトライアル・パール賞(1200m)が実施される。重賞アフター5スター賞トライアルレースの準重賞シーサイドカップに向けて、1着馬は優先出走権を獲得。

 ここはB1以下の選定馬及び選抜馬によって行われるが、最近は中央からの移籍馬が多く、下級クラスの馬たちが重賞に挑戦する機会が少なくなってきた。しかし、トライアルレースを勝っていけば、勢いのある下級条件の馬たちにもチャンスが広がる。中央卒業生のウチデノコヅチ(大井・堀厩舎<小林>)もここから始動予定だ。

(文・写真:高橋華代子)

最終更新:6月26日(日)16時12分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]