ここから本文です

婚活のヒントに?結婚情報サービスの株主総会へ!

ZUU online 6/26(日) 11:30配信

株主総会が婚活のヒントになることを知っていましたか? 驚くかもしれませんが、その方法とは結婚情報サービス業の株を保有し、株主総会に出席することです。

株主総会と聞くと、堅苦しそうなイメージでおっくうに感じてしまう方が多いかもしれません。けれども、婚活中のカブジョとしてはあまりにもったいない! まずは株主総会について、そして、お目当てである結婚情報サービス業の株主総会についてご紹介します。

■株主総会は意外にフランク

スーツを着込んだエグゼクティブふうのシニアな方々が一堂に会する。株主総会といえば、そのような光景を思い浮かべてはいませんか?

業種にもよりますが、実は株主総会に出席する際の服装というのは基本的に「平服」で、それもカジュアルな結婚式などに求められるような「平服」でもありません。街中にショッピングへと出かけるくらいのキレイめカジュアルウェアでOKなのです。株主総会の雰囲気も、参加者のスタイルに合うような、和やかな印象であるところが多いようです。

また、株主総会は、顔なじみとなっている個人株主と会うよい機会にもなっています。普段、孤独に株取引をしている投資家にとって、株主総会は同業者と交流できる刺激的な場でもありますね。

■株主総会で婚活の現状を知る?

結婚情報サービスを扱うIBJ < 6071> の株主総会では、婚活業界の現状について興味深い話を聞きました。これまで、婚活サービスの利用率は30代の男女が高かったのですが、最近では20代の参加者も増えているそうなのです。普段の生活では出会えないような、より魅力的なパートナーを探すために利用しているようですね。

さらに、結婚したカップルの3組に1組が離婚するといわれている現在、再婚を考える40代、50代が結婚市場に参加してきているという話も聞きます。結婚情報サービス業のニーズが幅広い年齢で高まっていることの表れでもあり、これには、いろいろな意味で心が動いた人も多かったのではないでしょうか。

■婚活カブジョは要注目!

アラサーともなり、普段の生活で出会いがない状況ならば、そのまま同じような生活を続けても出会いの機会は増えないでしょう。気が付いたら結婚のタイミングを逃したままアラフォーに近づき、50代になっても独身のまま……! という未来が見えるようです。

そのような将来を見越して、結婚相談所を利用する人が増えているのかもしれません。カブジョの皆さんは、結婚情報サービス業のニーズの高まりについても注目しておくとよさそうですね。

■婚活のヒントが転がっているかも?

以前は30代が中心だったという結婚相談所の利用者が、次第にその年齢層を広げているということは、出会いの可能性を秘めたパートナー候補の年齢層も広くなったということです。どのような人が参加しているのかを知るだけでも、婚活女子、あるいは今後、婚活を考えている女性にとっては、よいヒントが得られる場となることでしょう。

実際、IBJの株主総会で行われた説明によると、婚活に成功するアラフォーも増えているのだそうです。そういったリアルな成功の秘訣も、株主総会で聞くことができるかもしれません。

■出席者向けのお土産もうれしい

株主総会では、出席者にお土産が用意されていることも多くあります。その会社の商品や非売品であったり、お取り寄せ必至の人気のお菓子であったり、クオカードや図書カードであったりとさまざまです。ちなみに、IBJの最近の株主総会では、江戸和菓子の名店・銀座菊廼舎(きくのや)のかわいいお菓子がお土産で頂けたそうです。

結婚情報サービス業の株主総会が婚活のヒントになるとは、ちょっと盲点だったのではないでしょうか? 近年、結婚しない女性が増えているのは事実です。けれども、可能なら素敵なパートナーと出会いたい。それもまた本音なのではないかと、著者は感じています。もちろん、すでに婚活中であれば、それが成功したらなおよいでしょう!

婚活を成功に導くには、「結婚したい」という意思表明を自分からはっきりとした方がよいようです。適当な時期に、運良く素敵なパートナーが眼の前に現れるなんてドラマチックな展開は、現実にはそうそうありません。

婚活中、また、婚活はしていないけれどひそかに結婚に憧れている女性の皆さん、結婚情報サービス業の株主になってみませんか? 株主総会で、今後の婚活に役立つ“すごい”ヒント”がもらえるかもしれませんよ。

沼佐 睦美
札幌生まれ札幌育ちのライター。日本の短大卒業後、アメリカの4年制大学に編入・卒業。アメリカで約5年間過ごす。以前は株中心、現在はFX中心に楽しんでいます。新しもの好き、期間限定アイテムに飛びつく習性あり。

(提供:DAILY ANDS)

最終更新:6/26(日) 11:30

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。