ここから本文です

日本ツアー本格参戦も?豪州のひげ面イケメンアマが5位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月26日(日)18時55分配信

国内男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」で、海外招待選手として出場したアマチュアのカーティス・ラック(オーストラリア)が通算13アンダーの5位タイでローアマタイトルを獲得した。19位から出た最終日を1イーグル、5バーディ「64」(パー71)とし、日本ツアーのデビュー戦を上位フィニッシュで飾った。

続々アップ!「ISPSハンダグローバルカップ」大会フォトギャラリー

髪を後ろで縛り、ひげを蓄えた端正な顔立ちはワイルドな雰囲気を漂わせ、どこか映画俳優のオーランド・ブルームを思わせる。オーストラリア期待の19歳は、その実力も折り紙つきだ。今年5月の豪州ツアー「WAオープン」では、2位に2打差をつける通算19アンダーで優勝。並み居るプロを退けてのアマチュア制覇に「豪州でもビッグな出来事として注目されたよ」と微笑んだ。

得意とする1Wの平均飛距離は300ydを誇り、この日イーグルとした1番パー5(517yd)ではPWで2オンに成功。「ドライバーは飛距離も正確性も伸びているね」と胸を張った。

高校卒業後は大学に進んでおらず、プロ転向は今年10月ごろを見据えている。今後は米国下部のウェブドットコムツアーや欧州ツアーのQTを受ける予定だが、日本ツアーのQTも視野に入れていることを明かした。「今回、初めて日本のツアーに出場してとても良い印象だったし、トライしてみたいと思えたんだ」。女性ファンのハートをつかむこと必至なイケメンアマの動向に注目だ。(石川県羽咋市/塚田達也)

最終更新:6月26日(日)18時58分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]