ここから本文です

<錦織圭選手>ウィンブルドン開幕で石黒賢に意気込み語る 課題は「自信をつけること」

まんたんウェブ 6月26日(日)20時37分配信

 テニスの4大大会(グランドスラム)の一つ、ウィンブルドンテニスが英・ロンドンで27日から開幕する。ウィンブルドンは4大大会で唯一、錦織圭選手がベスト8入りを果たせていない大会で、錦織選手は男子シングルス1回戦でオーストラリアのサム・グロス選手と対戦する。開幕を前に、番組でスペシャルナビゲーターを務める俳優の石黒賢さんが錦織選手に意気込みを聞いた。試合の模様はWOWOWで連日生中継される。

【写真特集】「テニプリ」作者が描いた錦織圭選手がかっこいい! 

 石黒さん:日本中が心配していますが、前哨戦で痛めた脇腹の具合はいかがでしょうか?

 錦織選手:だいぶ良くなってきましたね。1週間半くらいたつので、痛みも減ってきました。1試合目は大丈夫だと思います。

 石黒さん:コンディションはほぼ万全でしょうか?

 錦織選手:まだ100%ではありません。試合をするにつれて、痛みが出るかもしれないという不安も少しあるので、それと闘いながらやっていくことになると思います。

 石黒さん:ウィンブルドンの芝は、選手からは違う筋肉痛になるとか、脚の変なところが張るということをよく聞きます。芝だから球が滑りづらいということだと思いますが、他のサーフェスと何が違うのか、教えてください。

 錦織選手:重心を低くしなくてはいけないので、太ももの後ろやお尻などの筋肉痛が来やすいですね。止まったり激しい動きをしないといけないので、他のサーフェスより体への負担は大きいと思います。

 石黒さん:1回戦であたるサム・グロス選手は、263キロを過去の大会で記録したことのあるビッグサーバーです。錦織選手はリターンがうまいですが、打つ瞬間は何を考えていますか?

 錦織選手:あれくらいのサーバーだとスピードもあるので、予測していかないと間に合わないので、ある程度ヤマを張っています。なるべく振りすぎないようにしたり、後ろにテークバックし過ぎないようにしたり、重心を低くしたりと考えながら打っています。

 石黒さん:2年前、僕が「錦織さん騒がれて大変でしょ?」と聞いた際、「会場の周りだけですよ。テニスやる人だけですよ」と言っていましたが、今やテニスをやる人以外も知っていますよね。街中でも大変だと思います。リラックスする時は何をしているのですか?

1/2ページ

最終更新:6月27日(月)13時36分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。