ここから本文です

大わらじに歓声 東北六魂祭、青森で開幕

福島民報 6月26日(日)9時36分配信

 東北6県を代表する夏祭りが集合し、東日本大震災からの復興を願う「東北六魂(ろっこん)祭2016青森」は25日、青森市で開幕した。福島市から福島わらじまつりが参加し、青森市中心部の大通りで大わらじを担いで福島の元気を発信した。沿道からは大きな歓声が上がった。
 今回で東北を一巡し、6回目のテーマは災いをはね飛ばす願いを込めて「跳(はねる)」とした。青森ねぶた祭の踊り手・跳人(はねと)の意味も込めた。約17万人(主催者発表)が各地の個性あふれる祭りを堪能した。
 26日午後零時半から青い森公園前の大通りでパレード、午後4時10分から青い海公園で閉祭式を行う。

福島民報社

最終更新:6月26日(日)13時35分

福島民報