ここから本文です

「アフターDC」最後の週末 福島市はサクランボPR

福島民報 6月26日(日)9時46分配信

 ふくしまデスティネーションキャンペーン(DC)の後継事業「アフターDC」が30日で終了するのを前に、最後の週末を盛り上げる行事が25日、福島市のJR福島駅東口広場で始まった。
 福島県や県北地方の市町村がブースを設け、ご当地グルメや観光名所を来場者にPRした。このうち、福島市は収穫したばかりの新鮮なサクランボを無料で配った。
 特設ステージでは、阿部雅弘福島市商工観光部次長、佐藤豪一(ひでかず)JR福島駅長があいさつし、ミスピーチキャンペーンクルーらとテープカットした。男女4人の「福が満開ふくしま隊」が踊りを披露した。
 市と県、JR東日本がクロージングイベントと銘打ち、行事を企画した。26日も午前10時から午後4時まで開催する。
 JRの郡山駅と新白河駅、会津若松駅、湯本駅でも26日に関連イベントが実施される。

福島民報社

最終更新:6月26日(日)14時25分

福島民報