ここから本文です

スティーヴン・タイラー「エアロスミスのラスト・ツアー、多分、永遠に続く」

BARKS 6月26日(日)16時36分配信

スティーヴン・タイラーが、またもや2017年にエアロスミスのラスト・ツアーをやるとほのめかした。タイラーは4月、「2017年、俺ら多分、フェアウェル・ツアーをやる」と発言し、ジョー・ペリーから「この5年くらいそういう話は出ている。何度か話題になっただけで、決まったわけじゃない」と否定されたばかり。

◆スティーヴン・タイラー画像

しかし、タイラーの考えは変わらないようで、彼は先週、アメリカのラジオ番組『The Howard Stern Show』の電話インタビューでこう話した。「俺はこのバンドを愛してる。本当に。みんな、“バンドは終わった”“俺ら、フェアウェル・ツアーをやる”って思っているかもしれない。俺はそれを否定したいけど、でも、そろそろ、そういう時なんだ」

驚いた司会者が「フェアウェル・ツアーをやるのか?」と問うと、数ヶ月前と同じように「だと思うよ。来年だ」と答えた。

しかしながら、「どれくらい続くのか?」との質問には、「…多分、永遠だ」と返し、司会者は大爆笑。2017年のツアーが本当にフェアウェル・ツアーになるのか、希望的観測も含め、あやしい。

スティーヴン・タイラーは来月、ソロ・デビュー・アルバム『We’re All Somebody From Somewhere』をリリースする。

Ako Suzuki

最終更新:6月26日(日)16時36分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。