ここから本文です

デヴィッド・ボウイの髪の毛、190万円で落札

BARKS 6月27日(月)8時30分配信

土曜日(6月25日)アメリカの競売専門会社Heritage Auctionsが主催したオークションで、デヴィッド・ボウイの髪の毛が1万7,850ポンド(約191万円)で落札された。予想落札価格の4倍ほどの値をつけた。

◆デヴィッド・ボウイの髪の毛画像

出品者は、ロンドンにある蝋人形館マダム・タッソーでウイッグを担当していた女性で、1983年にボウイの蝋人形が制作された際、完璧な色にしたいと髪を少し切らせてもらったという。これまで多くの有名人の髪の毛を取り扱ってきたHeritage Auctionsだが、ボウイのものは初めてだったそうだ。ミュージシャンの髪の毛では、今年2月、同社が開催したオークションで、ジョン・レノンのものがこの倍の価格で落札されていた。

今回のオークションでは、故プリンスのギターも出品し、BBCによると、こちらはNFL(アメリカン・フットボール・リーグ)チーム、インディアナポリス・コルツのオーナー、ジム・アーセイ氏が13万7,500ドル(約1,400万円)で落札したそうだ。アーセイ氏は昨年、リンゴ・スターが初めて所有したLudwig Oyster Black Perl 3ピースのドラム・キットを、予想価格(30万~50万ドル)をはるかに上回る211万ドル(当時約2億6,000万円)で落札しニュースになった。彼は、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、ジョン・レノン、ボブ・ディラン、ジェリー・ガルシアのギターも所有しているといわれ、そのコレクションに、新たにプリンスのお気に入りだった“イエロー・クラウド”が加わったようだ。

Ako Suzuki

最終更新:6月27日(月)8時30分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。