ここから本文です

パラナ州でピニャォンが豊作。不況で他州のバイヤーが増加!?

MEGABRASIL 6月26日(日)10時26分配信

ブラジル南部、冬のはじめの名物の松の実

リオグランジドスウ州、サンタカタリーナ州、パラナ州からサンパウロ州など、ブラジル南部~南西部の大西洋岸森林地帯では、秋~冬のはじめの名物ピニャォンがあちこちで売られている季節だ。

ピニャォンはパラナ松ことアラウカーリアの実で、おおきな松ぼっくりの中にぎっしり詰まっている。一つ一つの実は硬い殻に包まれており、塩茹でや炭火焼にした後に、殻をむいて食べる。ほくほくとしており、栗を少しもっちりさせた触感だ。

6月24日(金)、パラナ州政府は、同州におけるピニャォンの生産量が昨年より上回りっていると広報した。ピニャォンは主に小規模農家の収入源となっている。

4月から始まっているピニャォンの収穫が、まさに佳境に入っていると州政府はアナウンスしている。市場の推計によると生産量は2015年に比べ20%増で、1万2000トンが見込まれているという。地元の農家の中には、年間の売り上げの30%をピニャォンに頼っているところもあるという。

収穫は4月1日からはじまり7月まで行われる見通しで、生産はパラナ州内では中央から南部にかけて、特にグアラプアーバやイラチ、クリチーバ都市圏のいくつかの自治体に集中しているそうだ。

パラナ州環境審議会のジョアン・バチスタ・カンポス代表によると、同州はアラウカーリア(パラナ松)の再生と、持続可能な収穫を実現するため、苗木の配布や収穫期の調節を奨励、ピニャォンの生産支援を行ってきた。現在このパラナ州の名物は、州の40%の土地で見られていたが、今日その割合は3%以下に減ってしまったのだという。

「我々は収穫の時期を設定して、冬にピニャォンの実を食料とする生き物たちに影響が及ばないように考慮しています」(ジョアン・バチスタ・カンポス代表)

クリチーバ市近郊カンピーナス・ド・スウ市の生産者エリザベッチ・ゲジス・ジ・フレイタスさんは、ピニャォンの収穫で、すでに年間収入の3分の1に達しているという。エリザベッチさん農場ではアラウカーリア(パラナ松)と一緒にいちご、ミカン、梨、キーウィ、柿も育てられている。収穫された作物はカンピーナス・ド・スウ生産者協同組合に販売される。

「今年は豊作です。約2トンのピニャォンが収穫できるでしょう。私の父がこの土地を買ったとき、敷地内に5アウケイリの広さにアラウカーリア(パラナ松)が自生していました。当初はご近所さんにおすそ分けしていたんです。私がサントスで暮らしたことがあり、そのころはピニャォンをサントスで売っていました」(エリザベッチさん)

以降、エリザベッチさんの家にとってピニャォンの生産と販売は仕事になった。新たにアラウカーリア(パラナ松)を植林して10年が経ち、それらも実を結び始めている。

街道沿いのピニャォンの路上販売もこの時期、盛んになる。クリチーバ市近郊で市の南方にあるチジュッカスドスウ市の養蜂家であり、同市のパラナ松協会の会長でもあるルイス・ホベルト・アレイショさんは国道376号線沿いでピニャォンを販売している。

ルイスさんは自身の所有地にあるアラウカーリア(パラナ松)から収穫したピニャォンだけでなく、チジュッカス・ド・スウ市、アグードス・ド・スウ市、キタンジーニャ市など近郊の生産者からも仕入れて販売しており、売り上げも上々だという。

「今年(2016年)は20~30%の売り上げ増を見込んでいます。収穫量も需要も昨年に比べて高くなっています」(ルイス・ホベルト・アレイショさん)

ルイスさんはピニャォンで得た利益で年収の40%をまかなえる見通しで、今年のピニャォンはの価格は1キロあたり7.5~8へアイス(レアル)とのこと。

「この時期は働き通しです。販売時間が終了したら夜の間に収穫して次の日の販売に備えます。サンパウロ、リオデジャネイロ、サンタカタリーナ、もちろん、ここリオグランジドスウの人も…この道を通る多くの人がピニャォンを買っていきます」(ルイス・ホベルト・アレイショさん)

ピニャォンを求めてやってくる人の中には、仲買人や販売者も少なくないようだ。ピニャォンを買い求めて他州からやってくるバイヤーが増加している背景には、国内の失業率の増加も影響しているという。仕事を失ったひとたちが、ピニャォンの販売でしのごうとしているようだ。

寒い季節が早めに到来したことも、州の供給センターでピニャォンの需要を高めている。平均価格も2015年は1キロ当たり5へアイス(レアル)だったが、今年は7へアイス(レアル)。ひと月で159トンが売れているという。

(文/麻生雅人)

最終更新:6月26日(日)10時26分

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。