ここから本文です

実践!補助輪なしの自転車に乗れるステップ3練習法

ベネッセ 教育情報サイト 6/26(日) 10:02配信

体が大きくなるにつれ、お子さまの動き自体もダイナミックになっていきます。寝返り、ハイハイ、つかまり立ち、ひとり歩きへと発展していき、走る、でんぐり返しなどを経て、自転車にたどり着きます。
三輪車などもありますが、多くの場合、自転車は初めて自分自身の意思と力で動かせる乗り物です。自転車はバランス感覚を鍛えるのに非常に適しており、体幹部の筋肉を鍛え、姿勢の維持にも役立ちます。
しかし、補助輪なしの自転車に乗るまでにハードルを感じているお子さまもいますよね。そこで今回は、補助輪なしの自転車に乗るためのコツを、3つのステップに分けてご紹介しましょう。

【ステップ1】 バランス感覚を養うためペダルを外そう

補助輪なしの自転車に乗れるようになるにはいくつかの要素があります。詳しく分けると、「ペダルをこいでスピードが維持できる」、「ハンドルでバランスが取れる」、「発進できる」、「ブレーキを握って止まれる」です。
このうち最初に取り組むのは、「ハンドルでバランスを取れるようにすること」です。

そのために行うのがペダルを外すこと。最近ではあらかじめペダルが外されたお子さま用自転車も店頭で見かけるようになりました。
まず足が地面に着く高さにサドルを調整します。補助輪ありでハンドル操作がある程度できているお子さまはスピードを出してもかまいませんが、最初は自分の足で地面をただ歩くだけです。それだけでもハンドルでバランスが取れ、行きたいところに行けるようになります。

だんだんと地面を蹴るようにして、足が浮く時間を長くしてきます。足が地面から離れ、2輪で走行している時間が長くなればなるほどバランス感覚が向上していきます。
また、安全のために、スピードがあまり速くならないうちにブレーキ操作も教えましょう。遅いスピードのうちに、どのタイミングでブレーキを握ればよいのか覚えることが大切です。

【ステップ2】 ペダルこぎとハンドル操作の連携を身につけよう

ステップ1でバランス感覚が養われたと感じたら、次は外したペダルを戻してこぐ練習です。ただ、最初のうちはペダルこぎとハンドル操作を同時にすることはお子さまにとって難しいため、最初は保護者が自転車を支え、ハンドル操作を軽減させてあげるのがポイントです。

練習では、ペダルを外してできたのと同じ状況でお子さまを自転車に乗せます。このとき、まだペダルはこがせません。ペダルに足を乗せた状態で親が自転車を押してあげるのです。これはペダルを使わないで上手にハンドル操作ができることを再確認するためです。

ペダルに足を乗せてハンドル操作ができていることを確認したら、次はいよいよペダルこぎです。親が自転車を押しながら、ペダルに乗せていた足に交互に力を入れるよう促します。

後ろから支えているとグラグラしている感じがわかりますが、そのうちにペダルを踏む力が強くなり、ハンドル操作との連携もうまくなってきます。この感じがつかめてきたら少しずつ後ろから支えるのをやめます。テレビドラマなどでもよく見る「支えているから大丈夫だよ」と言いつつ、実は手を離しているというやり方ですね。
ただこのとき、注意点があります。一度転んでしまうとその怖さから自転車に乗ることをやめてしまうお子さまもいます。手を離しても目は離さないようにし、転ばないように支えてあげましょう。

1/2ページ

最終更新:6/26(日) 10:02

ベネッセ 教育情報サイト

なぜ今? 首相主導の働き方改革