ここから本文です

薬丸裕英、28年ぶりの「100%...SO かもね!」。国分太一、井ノ原快彦と3人で「シブがき隊」解散後、初の生歌披露。

E-TALENTBANK 6/26(日) 19:58配信

いよいよ来週放送に迫ったテレ東音楽祭で、薬丸裕英、国分太一(TOKIO)、井ノ原快彦(V6)の3名が「100%...SO かもね!」を生歌披露することが決定した。

1988年11月の解散以来、「シブがき隊」メンバーだった薬丸裕英が「100%...SO かもね!」を披露するのは28年ぶりとなる。今回の「テレ東音楽祭」の目玉企画でもある、人気番組のコラボレーション。その一つとして「出没!アド街ック天国」の出演者の井ノ原快彦と薬丸裕英、そして「テレ東音楽祭」のMCを務める国分太一の3人の共演が実現した。

「シブがき隊」のイメージカラー(イエロー:布川敏和、レッド:本木雅弘、ブルー:薬丸裕英)の担当はどうなるのか当日が楽しみだ。
 
 
【国分太一、井ノ原快彦、薬丸裕英からのコメント】
◆薬丸裕英
今回のお話をいただいた時、正直な話お受けするかとても悩みました。解隊(解散)してから28年間、歌っていないからです。しかし、太一君と井ノ原君のリクエストでお受けする事にしました。しかし、歌も踊りもうろ覚えですが、現役ジャニーズと元ジャニーズのコラボレーション。是非、ご覧ください。ジャニーズシニアがんばります(笑)。
 
◆国分太一
僕がまだJr.の頃、ジャニーさんに声をかけていただき、初めて見に行ったコンサートがシブがき隊でした。当時は圧倒されて、最後に待っていたのは、まさかの『シブがき隊解散』発表。その時の衝撃が未だに印象的です。それから28年経ち、、自分が『シブがき隊』を踊ることになるとは想像もしていませんでした。ダンスに自信はありませんが、薬丸さんとイノッチと頑張ります!
 
◆井ノ原快彦
「100%...SO かもね!」をヤックンと一緒に歌うことができるなんて、本当に夢のようです。僕が事務所に入ったのは、ちょうどヤックンと入れ違いタイミングだったので、ちゃんとお話しさせていただいたのは、「アド街」でお会いしてからだったんです。小さい頃、ヤックンと話したくて、ジャニーズ事務所に「ヤックンいますか?」って電話したこともありました。そんな僕がまさか一緒に、しかも「シブがき隊」の歌を歌うことになるなんて!当時の自分に言ってあげたいですね。太一くんはちょっと先輩なんですが、Jr.の時から一緒にやってきたので、こういう形でこの3人でコラボレーションができるということは、とても感慨深いです。太一くんの踊り、カッコいいですよ。

最終更新:6/26(日) 19:58

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]