ここから本文です

浦和、勝ち点33で第2ステージへ 興梠2得点、神戸に快勝3―1

埼玉新聞 6月26日(日)10時30分配信

 明治安田J1第1ステージ最終節は25日、埼玉スタジアムなどで行われ、浦和は神戸に3―1で快勝して2連勝した。3位は確定していたが、1位鹿島と勝ち点6差の33で第2ステージに折り返した。

 浦和は前半34分、李の落としを興梠がヘッドで流し込んで先制。同ロスタイムには李の右クロスから再び興梠が右足で決めた。後半開始早々に1点を返されたが、終盤に梅崎のPKで3点目を奪った。

 大宮は川崎に0―2で敗れ、勝ち点26の5位で終えた。

 第2ステージは1週間後の7月2日に開幕し、浦和はアウェーで福岡と対戦する。大宮はホームで名古屋と顔を合わせる。

最終更新:6月26日(日)10時30分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。