ここから本文です

錦織 苦笑い、芝は「そんなに好きではないですね」<男子テニス>

tennis365.net 6月26日(日)7時30分配信

ウィンブルドン

27日から開幕するテニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は25日、第5シードの錦織圭(日本)が会見で、今大会のサーフェスである芝について「そんなに好きではないですね」と苦笑いで話した。

ウィンブルドン対戦表

続けて「自分の中でしっくりくるテニスが100パーセントは見えていない。まだモヤっとしたものがあります」と話した錦織。ウィンブルドンはグランドスラムで唯一ベスト8へ進出しておらず、これまでの自己最高は2014年のベスト16進出。

もし今大会で8強入りすると、日本男子では1995年に準々決勝へ進出した松岡修造(日本)以来21年ぶりとなる。

芝は他のサーフェスに比べて好きではないと話す錦織だが「歴代の優勝を見てもA・アガシ(アメリカ)だったりL・ヒューイット(オーストラリア)だったり、自分のスタイルに近い選手もいる」とコメントした。

1回戦では2012年にサービスで世界最速の時速263キロを記録したS・グロス(オーストラリア)と対戦する。過去は錦織の1勝0敗。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第29シードのP・クエバス(ウルグアイ)、4回戦で第9シードのM・チリッチ(クロアチア)か第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、そして準々決勝では第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する組み合わせ。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:6月26日(日)7時30分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]