ここから本文です

考え方を変えて育児を楽しむ!育児ノイローゼを防止する心がまえ

ベネッセ 教育情報サイト 6月26日(日)12時0分配信

子育てというものは、なかなかすべてが理想通りには進まないもの。かわいいはずのお子さまを憎く感じてしまうなど、過剰なストレスによって育児ノイローゼを患ってしまう保護者も少なくありません。そんな事態に陥らないためにも、育児ノイローゼを防止する心がまえを覚えておきましょう。

育児に完璧はあり得ない。60点で合格と思いましょう

まずは自分自身が学校に通っていた頃を振り返ってみましょう。テストではいつも100点ばかりとっていましたか?
この質問をしたのにはもちろん理由があります。それは、育児ノイローゼになりやすい性格かどうかをチェックするためです。
ノイローゼになりやすい人とは几帳面や真面目な人、完璧主義者のかたが多い傾向にあるようです。何でも上手にやろうとすると神経が張り詰めてしまうだけではなく、うまくいかなかったときの落胆も大きくなるのです。

そこで発想を変えてみましょう。お子さまはいつも100点ばかりのママを求めているのでしょうか?
100点ばかりでなくてもきっとお子さまは笑ってくれますし、ママを嫌いになったりはしないはずです。ご自身のテストを振り返ってみても100点ばかりとってきたわけではないはずです。80点のときもあれば、60点のときもあったはずです。それと同じように80点で上出来、60点で合格というように気楽に育児を考えましょう。

「うまく離乳食が作れなかったけど、おいしそうに食べてくれているから、よし!」。
「今日は疲れたから、掃除は明日にしよう」。
こんなふうに思っても、がんばっているママのことを誰も責めたりしないはずなのです。

同じ悩みをもつ相手を見つけましょう

育児について言えるのは、不安なく子どもを育てている親はひとりもいないということです。つまり、不安はつきものなのです。
特にお子さまが小さければ小さいほど、夜泣きはしないか、離乳食はちゃんと食べてくれるか、トイレはちゃんとできるか、熱を出さないか、歯みがきはちゃんとできているか、など不安なことを挙げればキリがありません。
こうした不安をひとりで抱えると育児はどんどん辛くなっていきます。ご主人や自分自身の両親、もしくは友人、さらには区役所の保健師さんといった育児に関するアドバイザーでもかまいません。不安を打ち明けられる相手を見つけましょう。そういった相手に話をするだけでも、不思議と心は軽くなっていきます。

また、区役所などで開催される育児相談、ベビーマッサージや手遊び、読み聞かせなどのイベントにも出かけるとよいでしょう。同じ月齢の赤ちゃんをもつママ友、先輩ママなどいろんなかたと知り合うことができます。
「同じ悩みをもっている人がいる」「困ったときにアドバイスが聞ける」。そう思うだけで、育児に対する不安は少しずつ消えていくものです。

1/2ページ

最終更新:6月26日(日)12時0分

ベネッセ 教育情報サイト