ここから本文です

【MLB】イチロー、通算2984安打&505盗塁 遊撃内野安打で3000安打へ「16」

Full-Count 6月26日(日)7時27分配信

3戦ぶり先発でヒット、5回までに2得点の活躍

 マーリンズのイチロー外野手は25日(日本時間26日)、本拠地でのカブス戦に「1番・センター」で3試合ぶりに先発出場し、5回に遊撃内野安打を放った。メジャー通算2984安打として、3000安打へ残り16本としている。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 相手先発ラッキーは、イチローにとって現役最多126打席の対戦経験がある相手。通算.303としている右腕に対して、初回は2球で追い込まれながら、そこから4球連続ボールで出塁した。

 すると、続くプラドへの初球ですかさず二盗に成功。メジャーで現役最多となっている盗塁数を「505」に伸ばした。日米通算では704盗塁としている。イチローはその後、プラドのレフト前ヒットで三塁に進むと、イエリッチの犠飛で生還。早々に先制のホームを踏んだ。

 1-4と逆転されて迎えた3回は1死走者なしで遊ゴロ。しかし、1点差となった5回の第3打席では待望の1本が出る。1死走者なしで1ボールからカーブを三遊間に転がすと、遊撃ラッセルが懸命に送球するも、イチローは一塁を駆け抜ける。セーフで内野安打。さらに、一塁手リゾが捕球できず、ラッセルの悪送球でイチローは二塁まで進んだ。

 続くプラドがレフトへタイムリーを放ち、イチローが生還。同点に追いついたマーリンズはさらに3点を加えて、逆転に成功した。イチローは5回までに2得点と活躍している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月26日(日)7時53分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報