ここから本文です

ジョンソンが初のATPタイトル [ノッティンガム/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月26日(日)11時1分配信

 イギリス・ノッティンガムで開催された「AEGONオープン・ノッティンガム」(ATP250/6月19~25日/賞金総額64万8255ユーロ/グラスコート)の決勝で、第6シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)が第2シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)を7-6(5) 7-5で下し、初めてのATPツアー・タイトルを獲得した。

 カリフォルニア出身の26歳は、手にした3つのブレークチャンスのうち2つをものにした。そのすべてが第2セットでのことで、第1セットではお互いにサービスをキープしながらタイブレークまで進んでいる。

クエバスが初のグラスコート大会決勝へ [AEGONオープン・ノッティンガム]

 第2セットでのジョンソンは第3ゲームでブレークを果たして2-1としたが、クエバスも第8ゲームでブレークバックしてスコアは4-4に。しかしジョンソンが5-5で迎えた第11ゲームでふたたびブレークに成功し、続くゲームで2つ目のマッチポイントをものにして勝利をつかんだ。

 今大会は、ウィンブルドン前の最後のウォーミングアップ的な役割も果たしている。ジョンソンは月曜日に行われる予定のウィンブルドン1回戦で、マレク・ジャジリ(チュニジア)と対戦することが決まっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NOTTINGHAM, ENGLAND - JUNE 25: Steve Johnson of the USA during his win in the final against Pablo Cuevas of Uruguay during day 6 of the ATP Aegon Open Nottingham on June 25, 2016 in Nottingham, England. (Photo by Barrington Coombs/Getty Images)

最終更新:6月27日(月)15時38分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]