ここから本文です

チブルコバがプリスコバを倒して今季2勝目 [イーストボーン/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月26日(日)12時0分配信

 イギリス・イーストボーンで開催された「AEGON国際イーストボーン」(WTAプレミア/6月19~25日/賞金総額77万6878ドル/グラスコート)の決勝で、第12シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)が第10シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を7-5 6-3で下し、今季2つ目のタイトルを獲得した。

土居美咲はプリスコバに敗れて8強入りならず [AEGON国際イーストボーン]

 4月のカトヴィツェで優勝し、アカプルコ(2月)とマドリッド(5月)で準優勝したチブルコバは、今年4度目の決勝をプレーした。プリスコバはノッティンガムで優勝しており、ここ3週間で2度目のグラスコートでの優勝を目指していた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 25: Dominika Cibulkova of Slovakia celebrates winning the final match against Karolina Pliskova of Czech Republic on day seven of the WTA Aegon International at Devonshire Park on June 25, 2016 in Eastbourne, England. (Photo by Tom Dulat/Getty Images)

最終更新:6月26日(日)12時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。