ここから本文です

単は村瀬早香、複は大矢/細沼が優勝 [北信越テニス選手権/女子]

THE TENNIS DAILY 6/26(日) 22:12配信

 新潟県・長岡市営希望が丘テニス場で開催された「2016年度 第69回 北信越テニス選手権大会」(本戦6月21~26日/賞金総額:男女各100万円/砂入り人工芝コート)が終了。女子シングルス決勝は、第5シードの村瀬早香(慶應義塾大学)が第3シードの長谷川茉美(伊予銀行)を7-6(8) 6-4で下して優勝を飾った。

シングルスは喜多元明、ダブルスは華谷宗/金城充が優勝 [第69回北信越テニス選手権/男子]

 大学生同士の対戦となった女子ダブルス決勝は、第7シードの大矢希/細沼千紗(ともに早稲田大学)が第1シードの安形玲耶(慶應義塾大学)/村瀬を6-1 6-2で倒してタイトルを獲得した。上位の試合結果は以下の通り。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【女子シングルス決勝】

○49村瀬早香(慶應義塾大学)[5] 7-6(8) 6-4 ●17長谷川茉美(伊予銀行)[3]

------------

【女子シングルス準決勝】

○17長谷川茉美(伊予銀行)[3] 6-3 7-5 ●16小林真理香(いせはらチャンピオンテニスカレッジ)[8]

○49村瀬早香(慶應義塾大学)[5] 2-6 6-3 6-3 ●43坂詰姫野(ファースト テニス アカデミー)[WC]

------------

【女子シングルス準々決勝】

○16小林真理香(いせはらチャンピオンテニスカレッジ)[8] 6-3 7-6(3) ●1山口芽生(Fテニス)[1]

○17長谷川茉美(伊予銀行)[3] 6-3 2-6 7-5 ●32細沼千紗(早稲田大学)[7]

○43坂詰姫野(ファースト テニス アカデミー)[WC] 6-2 4-6 6-3 ●38安形玲耶(慶應義塾大学)[Q]

○49村瀬早香(慶應義塾大学)[5] 6-4 7-5 ●64首藤みなみ(日本大学)[2]

------------------------

【女子ダブルス決勝】

○25大矢希/細沼千紗(早稲田大学)[7] 6-1 6-2 ●1安形玲耶/村瀬早香(慶應義塾大学)[1]

------------

【女子ダブルス準決勝】

○1安形玲耶/村瀬早香(慶應義塾大学)[1] 6-4 6-2 ●9園田彩乃/守屋友里加(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ/テニスユニバース)[3]

○25大矢希/細沼千紗(早稲田大学)[7] 6-7(4) 6-4 [10-7] ●24橘梨子/首藤みなみ(日本大学)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/26(日) 22:12

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]