ここから本文です

NHK大河ドラマ「真田丸」巡回展 佐賀・名護屋城博物館で

佐賀新聞 6月26日(日)19時59分配信

NHK大河ドラマ「真田丸」の全国巡回展が24日、佐賀県唐津市鎮西町の県立名護屋城博物館で始まった。出演者のサインや等身大パネル、撮影で使われた小道具などが展示され、多くのファンが訪れている。7月3日まで。

会場には主役の真田信繁(幸村)を演じる堺雅人さん、父・昌幸役の草刈正雄さんらが実際に着用した衣装をはじめ、大刀(たち)やくし、扇など、ドラマの空気をそのまま伝える小道具が並ぶ。子どもも楽しめるよう、紙かぶと作りや塗り絵のコーナーも。鹿島市から訪れた宮崎淳子さん(52)は「衣装やサインなどなかなか見る機会がないものが見られた」と満足げだった。

巡回展に合わせ、博物館は名護屋城屏風(びょうぶ)図内の人物が動くCG映像や、文禄の役の際に築かれた真田昌幸陣跡についての情報なども紹介。また、近くの飲食店「松寿司」と「千生ひょう太」では、真田家の家紋「六文銭」にちなみ、千円の弁当を600円で販売するキャンペーン(各1日10食限定)を行っている。博物館で配布するチケットが必要。問い合わせは同博物館、電話0955(82)4905。

最終更新:6月26日(日)19時59分

佐賀新聞