ここから本文です

錦織 全英初日に登場、グロスとの初戦へ向け約1時間練習<男子テニス>

tennis365.net 6月26日(日)21時35分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は26日、第5シードの錦織圭(日本)はアオランギ練習場のコート1で現地12時から約1時間練習し、大会初日の27日に行われるS・グロス(オーストラリア)との初戦へ向けて調整した。

ウィンブルドン対戦表

この日はゲーム形式の練習を行った後に、コーチのM・チャン(アメリカ)とダンテ・ボッティーニによるグロスの強力なサービス・ネットプレー・スライスを想定した球出しで最終確認した。

1回戦のグロスとは今回が2度目の対戦で、過去は錦織の1勝0敗。

サービスで世界最速263キロの記録保持者であるグロスについては「芝では1番やりたくない選手」と25日の会見で警戒したコメントをしている。

ウィンブルドンはグランドスラムで唯一ベスト8へ進出しておらず、これまでの自己最高は2014年のベスト16進出。

もし今大会で8強入りすると、日本男子では1995年に準々決勝へ進出した松岡修造(日本)以来21年ぶりとなる。

上位シード勢が順当に勝ち進んだ場合、3回戦で第29シードのP・クエバス(ウルグアイ)、4回戦で第9シードのM・チリッチ(クロアチア)か第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、そして準々決勝では第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する組み合わせ。

錦織とグロスの初戦は、現地27日のコート1の第2試合に予定されている。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:6月26日(日)21時50分

tennis365.net